SDGs推進事業報告会 精密企業がゼロ・カーボンを目指す意味と施策事例を紹介しました

ニュース

【ふじみまち産業振興センター 2022年度 SDGs推進事業】

ふじみまち産業振興センターでは、SDGs推進事業の一環として、企業のゼロ・カーボン推進施策を進めています。
町内企業2社(株式会社ニシムラ・株式会社トップマクト)が CO2 削減に向けて、ゼロ・カーボン推進事業に参加中。 CO2 排出量の可視化システムを開発中です。

今回は、一般社団法人アース・カンパニーが、両社のオフィス・工場で活用できるサステナブル・アクションや、企業を取り巻くサステナビリティ業界の動向をプレゼンテーションしました。

日時:10/20(木)13:00~14:30
場所:富士見 森のオフィス
講師:一般社団法人アースカンパニー 渡辺葉さん
参加者:13名

「精密企業がゼロ・カーボンを目指す意味と施策事例」
町の産業を支える SEIMITSU 企業。主要取引先に多くのグローバル企業が関係してくる富士見町内の精密企業においても、ゼロカーボンへの取り組みは自然環境を守るのと同時に、今後次世代が事業を継続していく上で避けては通れないビジネス環境条件のひとつです。国内でもすでに、グローバル企業からサプライチェーン全体で二酸化炭素排出削減の要求が求められ始めています。

    1. なぜゼロカーボン
      サスティナブル経営の重要性
      精密企業にはよい自然環境が必要
      あなたの会社が存在することでよりよい社会になっていますか?
      取組んでいない企業は取引対象として選ばれない
    2. Co2排出量現状
      Co2排出量見える化→本事業で開発中
      エネルギーによる排出が90%以上
    3. アクション案
      楽しくないと続かない
      化石燃料→再生可能電力エネルギーに変える=Co2排出量がゼロ
      再エネ電気を購入や発電(太陽光パネルレンタルのPPA制度もある)
      廃棄物削減、ごみ分別、ペットボトル削減、リサイクル、無添加石けん等
      森のオフィスでの取り組み見学

IMG_20221020_130500.jpg IMG_20221020_130835.jpg IMG_20221020_130749.jpg IMG_20221020_140548.jpg

20221020-2.jpg

お問合せ先:ふじみまち産業振興センター
SDGs事業担当 松田裕多 info@mxsxdesign.com
Tel:0266-78-9320

20221020-1.jpg

Category
Tags

年度別Archives